知っておくと家づくりの成功にも役立つ!?注文住宅の雑学についてご紹介

このサイトは知っておくと家づくりの成功につながるような、注文住宅の雑学について初心者にも分かりやすいように解説しています。
憧れのマイホームを手に入れたいと考えているのであれば、事前にこのサイトの情報を学習しておくことでより満足度が高まるかもしれません。
実際に家を建てた人たちが取り入れて良かったポイントや、費用に関することまで様々な観点から役立つ情報を豊富に掲載しているので一度目を通しておくのがおすすめです。

知っておくと家づくりの成功にも役立つ!?注文住宅の雑学についてご紹介

注文住宅の建築を検討しているのであれば、自分たちが何にこだわった家づくりを行いたいのかという優先順位を明らかにしておくのがおすすめです。
注文住宅は分譲住宅に比べると自分たちの希望や理想を反映しやすい反面、こだわればこだわるほど費用が高くなるためある程度予算を決めた上で取り組むのが適しています。
複数の業者から見積もりを取得して、価格面やサービス面などを比較してから契約する業者を決定するのが良いでしょう。

注文住宅の家づくりは土地探しから始めよう!

注文住宅が、普通の新築一戸建てと大きく違うのは最初からモデルハウスがあるというわけではない点です。
通常、新築一戸建ての購入を検討する場合には、建物と土地を一緒になって購入します。
新築一戸建ての価格は、建物と土地の合算ですので最初から土地が付いていることが前提です。
しかし、注文住宅ではこの土地の部分で大きく異なるポイントが存在します。
自分自身でまずは土地探しを行って、どういった地域で建設をしてもらいたいのかを考える必要があります。
注文住宅というのは、いくつかのメーカーが合ってそれぞれで独自色の強いサービスを提供しています。
その中には、実は土地探しにも強いメーカーというものが存在します。
特定の地域に密着して、そこでしか手に入らない土地の情報を提案できるので高い評価を得ているのです。
こういった業者を見つけることから、注文住宅は始めなくてはいけません。
そこから、設計をしてもらって初めて建設を行ってもらえます。

注文住宅の家づくりは土地の形や建築協定などの条件で家のデザインなどが決まる

注文住宅での家の新築には、施主がその敷地を用意することが必須の条件になります。
その敷地には抵当権の設定が出来る事などの条件もあり、建築基準法上で居住用の建物の建築が認められた土地がその要件になります。
そして、その法律の定めで建物の総面積や、容積率や高さに制限が加えられ遵守しなければならないのです。
当然のことではありますが注文住宅ですので、完成した施主の意向や要望は可能な限り取入れた建物になります。
しかし、用意された土地の形状によっては、外観や開口部への変更をせざるを得ない事もあります。
また、その敷地の存在するエリアに建築協定が定められていれば、その協定は引継がれていますので守ることで家の新築は許可されます。
このようにいかに自由度の高い注文住宅であっても、土地の形状や状況に定められている法律や協定で建物のデザインは変わってきます。
施主の用意した土地次第になりますが、プランについてハウスメーカーとの早めの打合せと確認が必要になります。

注文住宅の家づくりで覚えておきたい接道義務とは?

通常は住宅メーカーや工務店がしっかりと考えますので問題となることはないというか、あっては困るのですが、やはり知識として接道義務については注文住宅を建てる際には知っておきたいことの一つです。
これは、どのような土地であれ、幅4m以上の道路に、敷地の長さが2m以上にわたっていなければ、注文住宅を建ててはならないとされる建築基準法上の決まりを指します。
この法律以前から建てられている住宅はそのままでも構わないとされているために、古くからある住宅地などではこれをどうみても満たしていない物件もありますが、新しく住宅を建てる際にはしっかり法律が適用されますので、今までは建っていたではないかというような物の言い方は一切通用しません。
この法律は万が一の火災などの際に道路が狭いために消火活動が適切に行えず、被害が拡大することを防止するのが大きな目的であり、広い意味では適切な住環境を確保するためのものでもあります。

建ぺい率や容積率などの概要も注文住宅の家づくりは欠かせない知識

注文住宅で家づくりをするときには、自己所有の土地に具体的にどれほどの規模の建築物を作ることが出来るのかを、大まかにでも把握してくことは有益です。
自分の土地なのだからと、予算でカバーできるかぎり、どれほどのサイズの注文住宅でも建築できるのかというと、それは違います。
建築基準法で広さも立体的な大きさでも制限が設定されているからです。
その制限というのが建ぺい率と容積率になります。
建ぺい率というのは、土地に対してどれほどの広さまで建築することができるかという数値のことです。
例えば60%であれば、全体の広さの60%を乗じた面積の住宅しか建築する個尾はできません。
自由な床面積の家づくりを認めると防災上のリスクが懸念されるからです。
容積率とはどれほどの体積の建築物を建てることが出来るのかという制限のことになります。
例えば150%であれば底地の広さに対して150%を乗じた面積内で床面積を想定する必要があるわけです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅の雑学

このサイトは知っておくと家づくりの成功につながるような、注文住宅の雑学について初心者にも分かりやすいように解説しています。憧れのマイホームを手に入れたいと考えているのであれば、事前にこのサイトの情報を学習しておくことでより満足度が高まるかもしれません。実際に家を建てた人たちが取り入れて良かったポイントや、費用に関することまで様々な観点から役立つ情報を豊富に掲載しているので一度目を通しておくのがおすすめです。

Search